映画ニュース

2008年7月 2日 (水)

地方のミニシアターを合従策で束ねよ!「シネマ・シンジケート」がスタート

 Buenas Tardes!

読売新聞(2008年7月2日付)情報ですが、財団法人国際文化交流推進協会エース・ジャパンが、45都市約50の地方映画館を連携させて、中規模の秀作を共同上映するネットワークを立ち上げました。その名も、「シネマ・シンジケート」。いままでは「アートシネマ・シンジケート」「ミニシアターシンジケート」といった名前で構想されていたようです。

<東京を除く全国のミニシアター、既存映画館、地域型シネコンなど地域に根ざした「街なか映画館」がそれぞれの独自性を保持しながら、邦・洋問わず、良質で作家性の強い映画(年間約10本)を共同で上映するという「アート系のブロックブッキング」とも言える新たな試みが行われる。>by eiga.com

だそうです。渋谷や新宿、銀座に「ミニシアター街」が形成される東京以外でもユニークな作品が見られる機会が増えると思うと、わくわくしますし、ぜひ規模を拡大させてほしいですよね。

代表は、渋谷の映画館ユーロスペースの代表である堀越謙三氏。

ユーロスペースは渋谷シアターNなど、都内のほかのミニシアターともすでに様々な提携関係を築いている。

にも関わらず、今回のプロジェクトで堀江氏が自身の劇場など、都内の劇場を除外したのはなぜか。ここにこの話の、「味わい深いミソ」がある。

以下は設立構想提案時の資料です。(2007年9月1日 会議配布資料

ここに、<東京の劇場を除いたのは、東京のどこで公開された作品でも上映できるようにするためです。>とある。

<規模の小さい、地方のミニシアターの連携ではありますが、日本の映画状況にとって重要な「映画文化の発信基地」でありたいと、配給者や製作者そして東京のミニシアター等のご協力を得ながら、現状に一石を投じたいと構想しました。>

しかしこの企画書、読めば読むほど面白い。たとえば、 大学生、中高生を支援する料金体系

学生料金をシニア並みに (シニア料金の値上げ)
高校生友情不要プライス」 (1人でも800円)というのがある。

思わず笑ってしまいました。

現在の「高校生友情プライス」が3人以上で1000円という半端な値段であるのに対し、実情としては友達をさそってもなかなか3人集まらないこともある。2人で映画を見るときなど、「あと1人いればなあ」と、なんだかもったいない気分になる。

だからといって、「高校生の観客に友情は不要!」と言い切ってしまうところがなんとも痛快ですね。映画はひとりで楽しんだってかまわないんですよ。ぼくには、「みんなで見たい映画」というのと「一人で見たい映画」っていうのがあります。アート系やしみじみ系の映画はとくに映画を見ながら自分の世界に浸ってりんですよね。知人の中には、「映画は絶対一人でないとみない!」という人もいます。

だから、名前に賛否があると思いますが、僕はこの名前で行くべきだと思います!

そしてぜひ、東京のミニシアターでも「高校生友情不要プライス」を導入してほしいと思います。