学問・資格

2008年6月11日 (水)

二度の飯と四つの大学

二度の飯と四つの大学
二度の飯と四つの大学
今日は個別三者面談期間中で、授業が3限で終わりだったので、同級生5人組で大学を自主見学に行ってきました。

まず明治大学、次に法政大学、それから國學院大學、最後に青山学院大学に行きました。当初の予定では、さらにあと2校ほど行く予定だったのですが、さすがに時間的に無理でした。

昼食は明治大学の学食を利用し、夕食は青山学院大学の学食を利用しました。写真はM永くんが青山学院大学の学食で卵入りカレーを食べているところです。この学食のカレー、「weeklyぴあ」の「日本一うまいカレーを探せ!」企画でも登場したそうです。たしかに学食のレベルとしてはわりとうまい。普通の家庭の固形ルーのカレーに近いけど、チキンとかめっちゃ柔らかいし、食べ進めてると少し辛くなってくる中辛で、なにしろみんなが一番安心できる「おいしいカレー」のイメージに近い感じのカレーでした。

どの大学でも、受付で見学したい旨、人数、学校名など伝えると、パンフレットやおすすめ見学コース、グッズなどをくれましたが、なかでも親切だったのは國學院で、入学センターの方が施設を巡るツアーをやってくれた上でじっくりと(ほとんどT橋N英くんひとりの)質問に答えてくれました。図書館では職員の方が書架や設備すべてをひとつひとつ丁寧に解説しながら見せてくれました。今年できたばかりということで超ハイテクな最新設備の図書館でした。なかでも完全機械管理の自動書庫はびっくり。分類法によらず、本の厚さによってコンピュータが適当なスペースを判断するので、資料の場所を知っているのはコンピュータだけ。コンピュータがダウンした場合は職員の方でも資料を探せないんだとか。
博物館の地図記号みたいといったらいいのか、パルテノン神殿みたい…とか…、いや大英博物館みたい…、…意外と出雲大社なんかがモチーフだったりして…、うーん、その…、なんといったらいいのかわからない派手なガラス張りの外観は最初どうかと思いましたが、志望校じゃなくても見に行く価値がある図書館です。

また青山学院大学では、見学案内の受付時間が終わり、事務の方がいらっしゃらないにもかかわらず広報の方がパンフレットやグッズを持ってきてくださって、とても親切にお話してくれました。

今日通して思ったのは、案内をしてくれた職員の方がみんなとても親切で気さくだということです。冗談を交えながら接するような方が多くてとても話しやすかった。事前連絡なしの突撃見学でも全く緊張しませんでした。

by1号@TME